2010年02月25日

スパコミの申し込み

スパコミの申し込み、オンラインで明日まででした。
うんぎゃー!!
危ない、危ないよっ
しかも郵送はとうの昔に〆切っているという…

気づいて良かったよ〜
赤ブーのメルマガ登録しといて良かったよ〜

今からさっそく申し込みます!
拍手のお返事
posted by アヤ at 00:00| 雑記

2010年02月20日

動物園に行ってきた

念願かなって、10年以上ぶりに動物園に行ってきました。

動物園は小さいながら一応市内にあるのですが、住んでいるとこの市が超広範囲で、そこまで近くない&車じゃないと行けないっていう条件。しかも、ひとりで行くのはさびしいので(つか明らかに変な人になる)、周りを誘ってみるも、なかなかのってくれず……。

が、今回たまたまおじい様が入院したところが動物園の近くで、叔母がついでにつれて行ってくれることになりました。

昼前ぐらいに行って、今日は素晴らしくいいお天気で。快晴、風はさわさわするぐらい、昨日まで寒かったせいか花粉もなく、年に何度あるかわからないくらい、すてきなお天気でした。

小さな動物園なのでゾウとかライオンとかでかいのは一切いないのですが、そのかわりに大量のレッサーパンダやらサルやら。動物に触れるコーナーでは、ブタとかヤギとか、モルモットとか。たくさんいました。

モルモットが飼育員さんに爪を切られていて、「キーキー」とすんごいでかい声で鳴いてて、モルモットって鳴くんだね、そんなに。みたいな感じで。「ギャー!ヤメロー!バカー!!」って切られている子がわめいていると、「ヤバイよ、なんかくる、やだー」ってその他の子が避難するみたいな。面白いな、モルモット。

コツメカワウソは、ものすごい芸達者で、わざわざ観客に一番近いところまで出てきて、何やら芸をしておりました。お主、やりおるな。

レッサーパンダは、人生2度目。
あれね、以外と大きい。つか、長い。尻尾が大きい。
木の上とか檻とかいろいろな場所にいっぱいいました。天気がよいから気持ちよさそうだった。はわー。だっこしてみたい。しかし、何気に毛はごわごわしてそうな気も…

201002201.jpg

ケータイのカメラのシャッタースピードが間に合わなくて、鼻づらだけ(笑)でもこの鼻、口元がかあいい。やっはー。

201002202.jpg

これがいちばんまともに撮れた。


市の動物園で、ぶっちゃけお金あんまりないんだろうけど、でも動物園のスタッフの人たちがみんなお金がないなりにいろいろ工夫して、イラスト描いてあったり、グッズ作ってあったり。ちゃんと可愛がってる感じがして、それがとってもよかったです。

リピーターが多いところでもあるので、来ている人達もガツガツしてないし(上野動物園とかはやっぱり観光スポットだから、その辺はまた雰囲気違う感じ)、里山のところに作ってあるので、緑も多いし、空気もおいしいし、気負いせずに来れていいなと思いました。

201002203.jpg

梅ももうぼちぼち咲いていました。
そういう季節ですねー。


おじいさんのところにお見舞いに行って帰ってきて。
んで夜に母親と電話して「動物園行ってきたよ」と言ったら、奇遇にも父母も今日二人で動物園に行ってきたとのこと。(向こうは九州の立派な動物園)

母の話によると、小さい子がライオンのメスが池に浮かんだボールを取ろうとして、手でちょいちょいってしていたら、それを見て「あれ、ライオンの卵?」って言っていたらしい。かあいい。

動物園は、来ている人ものんびりしてて、ちっちゃい子も本当に楽しそうにしているし、親もショッピングセンターとかにいる人たちより、ちゃんと子供の面倒見ていて、なんだかとっても優しい空間だなーと改めて思った次第。

また行きたいなー、動物園。


posted by アヤ at 00:00| 雑記

2010年02月16日

珍しい苗字ということは

先にお断りしておくと、珍しい名字の方に喧嘩売ってるわけじゃないですYO。

さて、私の本名ご存知な方は、おわかりかと思いますが、とてもごく普通の苗字なわけです。(あ、名前もね)

小さい頃はそらまあ人並みに、少女マンガなんぞに出てくるような変わった名前に、かっこいいな、とあこがれておりました。
特に田舎なんて、そこいら一帯親戚で、苗字がことごとく同じっていうのがよくあるので、都会に出てきたら、実は同じ苗字の人が思ったよりいなかったという感じなのですが。

とはいえ、昔は平凡すぎる苗字が好きではなかったのですが、社会人になってからは、なかなか便利なことに気づきました。

電話でのやり取りで、聞き間違えられることはなく、よみ方、漢字表記どちらもひとつしかない苗字なもので、そのあたりもスムーズ。

普通な名前なので、印象に残りづらいとかはありますが、印鑑もオーダーせずにありますし、基本的には楽なことが多いです。


そして、先日苗字が珍しいと大変、という出来事が。

先日もちらりと書きましたが、母方の祖父が日中、買い物の帰りに倒れまして、救急車の人とかが一生懸命名前と住所を聞いたそうなのです。

で、本人は頭がぼけて倒れたわけではなかったので、ちゃんと言っていたらしいのですが、祖父の苗字がまた面倒くさいというか、珍しいっていうか、長いというか、一回聞いただけではわからんというか、漢字も日常的には使わないのだったりとかでですね。

なので、本人ちゃんと言ってたはずなんですが、聞き取ってもらえず、住所は聞き取ってもらえたので事なきを得て、叔母に連絡がいって手術して無事、だったのですが。

救急の人が、住所は言えてもお名前が言えてなかった、っていうので、病院側としては「このおじいちゃん、自分のお名前も言えなかった」「認知症!」、って思い込んだらしく、看護師さんがなんかいろいろ認知症についてあれこれ聞いてくるし、話してくるし、叔母とふたりでポカンとしちゃいました。

誤解を解くのに大変。まあ、80歳も半ば越してれば、多少ぼけそうなもんですけど、どういうわけだか天にも届きそうなプライドをお持ちのわが祖父は、そういうのが全然なく…

つか、さんざん説明したあげくに病院のカルテの読み仮名を微妙に間違ってたけど、叔母と「もういっか」みたいな。いや、よくないですけど。

つーことで、こんな緊急事態の場合にも、珍しい苗字の人は大変だなと思いまして、っていうか身元がわかる証明書を身に着けてなかった、おじじもおじじ。余分な荷物を決して持ちたくない、できるなら手ぶらがいい人だっつっても限度がありますよ。


ってなことがあり、小学校の習字の時に名前書くのが大変とか、判子が作らなきゃないとか、まあそんなのはいいとしても、緊急事態のときとかは本当に大変だなと思いました。

とりあえず、じいじが退院してくる時期に合わせて、名前書いた札をいつもの買い物バッグにでも縫い付けとこうと思います。
posted by アヤ at 00:00| 雑記

2010年02月15日

たまには落書きでも

ねむねむですが、ちょびっと原稿やっております。

Red Moonの中で出てくる高耶さんの正装場面の衣装であります。(ネタバレってほどではないですけど、一応隠しておきます。「落書きを見る」からどうぞ)
勉強のためにちょっくら書いてみました。

超適当です。文様とかいろいろ調べているのですが、難しい。特に、この手の服は本物をよくよく見たことがないので、構図がよくわかんないのです。布がたっぷりだと細かいところが全部隠れる。平安時代ものにはまっていた時代があったので、大まかなところはわかるのですが、細かいところはさっぱり。

実際に小説に書くかどうかは別にして、話を作るときにはわりと明確に着る物とか建物の構造とかイメージしてやるので、気になってしょうがないです。

ちなみに、同じくRed Moonに出てくるホテルは実際のものをイメージしております。そのホテルのサイトで、会場の収容人数と会場見取り図で奥行と幅を調べて、うんうん言ってるアホちんです。全部が全部、決めてやるには無理があるのですが、そういうのを可能な限り情報としてイメージに足していかないと、なかなか言葉が出てこないのですな。効率悪いんですけど。まあ、でも調べてるときすごい楽しいので。えへ(←そうして書く時間がなるなるという)

2月もうっかり終わりそうなので、本腰上げてまいりたいと思います。がんばるじょー。


落書きを見る
posted by アヤ at 00:00| 落書き

2010年02月14日

父へのバレンタイン

父母がただいま我が家に逗留しておりまして、ちょうどバレンタインのこの日。父、チョコ別に好きでも嫌いでもないだろうけど、どうしよっかなー。何にもなくていいか。

と思っておりました。

で、二人でショッピングセンターを歩いていたところ、ふと、親父殿がカラフルな布のトートバックが売られているのに目を留めまして。

しげしげと見て、色違いのバッグをあれこれ見始め…
で、経験上、だいたいこういう行動を示す時って、高い確率でできれば欲しいな、と思っている。(絶対欲しいってときは、しっかり手に握って持ってくる)

「欲しいの?」って聞いたら、「うん」っていうので、どうやらスポーツジムに持っていくものが欲しかったとのこと。

何色がいいのか聞いて、ピンク、水色、黄色、オレンジとある中で、黄緑がいいというので、じゃあバレンタイン代わりってことでプレゼンツ。

っていうか、そのバッグ、kitsonだったんですが(笑)
でもスパンコールのキラキラのではなく、色は鮮やかですが、あとは普通の布バッグだし、ま、いっかな。本人なぜかずいぶん気にいっていたし。

ぽやーっと歩いているようで、自分の欲しいものはちゃんと見つけるから面白い。そしてそれを静かに行動で示すあたり。そういう癖を大人になって発見したので、最初はびっくりしたけど、なんかだんだんこのパターン慣れてきたぞ。
posted by アヤ at 00:00| 雑記

2010年02月11日

通販の発送について

通販の発送について、ただいま少々遅れております。
仕事の山とじいが転んで入院でワタワタ。週末にきっちり発送させていただきますので、大変恐縮ですが、もう少々お待ちください。申し訳ありません。
posted by アヤ at 00:00| サークル情報

2010年02月09日

申し込みました

夏コミ、申し込みました。
あとは頼んだ(誰に?)
申込書はとにかく書くところいっぱいあるので、最初は「うへー」と思うのですが、そのうち楽しくなって熱中している。あれ、不思議です。


仕事やらじーさまやら身辺あわただしく、ちょっと体調もいけてない感じですが、そんなのに構っていたら何も進まないし、何もできないので、まあ、別に死ぬわけじゃないしと思いながら日々暮らし中であります。(こんなん他人様にはオススメできませんが)

ボスが子猫を飼い始めて、写真やら見せてもらって死ぬほどうらやましいです。毛玉、飼いたいですけど、今の生活じゃ最低限の世話も無理だから飼えないなー。しょぼん。

そんなときは、ホワイト家族のお父さんを心のなぐさめにするのです。雪原に白いお父さん。やっぱり雪国の犬って感じ。そして赤いマフラーがとてもかわいらしい。そして高校生の女の子、ほっぺた真っ赤でかわいいったら。さらに、お母さんも相変わらずすばらしいクオリティ。

http://mb.softbank.jp/mb/campaign/3G/

萌えがいっぱい・・・(うっとり)
posted by アヤ at 01:39| 雑記

2010年02月01日

ヤマト運輸の「宅急便受取指定」

今日から、ヤマトでこんなサービスが始まった模様。
宅配ボックスとかはないし、忙しくて家を留守にしがちという方には便利なんではないでしょうか。

会員登録(無料)しておくと、宅急便のお届け前に登録したメールに荷物が届きますよーというお知らせがきます。

そのお知らせが着たら、自分の希望の受取日・時間帯や受取方法が選ぶ(選ばなかったら、予定通り配達される)。自宅以外でも提携のコンビにや勤め先に転送してもらうこともできるので、夜9時以降しか家に帰れないときとかいいかもですね。しかも別途料金は必要ないそうです。

便利な世の中になりましたね〜。

とはいえ、イベント帰りの本がぎっしりつまったくそ重い、しかも印刷所の名前の入った箱を、コンビニとか職場への転送は、サービスとしてできても、諸々の事情によりできませんが(苦笑)

http://www.kuronekoyamato.co.jp/uketori/uketori.html?id=top
posted by アヤ at 00:00| おすすめ情報
検索ボックス
 
カテゴリ
過去ログ
Powered by さくらのブログ