2013年05月12日

直江生誕祭、おつかれさまでした

大変遅ればせながら、直江生誕祭、おつかれさまでした!
ここ最近の中では一番人が多かった気がします。熱かった!嬉しかった!主催のお二人、本当にありがとうございました。

私の方は新刊をご用意できず、二人助六シリーズの無料配布となりまして、申し訳ありませんでした。時間と体力がどうしても必要量捻出できず…ちなみに出そうと思っていたのは「偽妃 後編」と「White Garden 2」で、8割以上できているので、次のイベントには間に合わせられるよう、仕切り直して頑張ります。

次のイベントは受かれば夏コミです。

今回、「直江生誕祭」のアンソロジーに寄稿させていただきました。
「直江が目一杯いい目にあう話」がテーマで、直江の誕生日にふさわしい1冊ではないかと! 直江の幸せってなんだ?と根本的なことを考え考え書きました。目一杯いい目にあわせることができたのかな。どうかな。
私のものはともかく、皆さんの玉稿を堪能できる分厚い(!)1冊、詳細は「直江誕生祭」のサイトをご覧ください。
http://naotan.moe.in/



年明けから大きな案件に関わって、14,5時間労働がつづき、原稿になかなか着手できない状況が続いていて、さらに4月の寒さのせいか、よりによって5月1日「ん?喉が痛い」。翌日、鼻水が滴り始め、37℃ちょっと発熱。風邪引くとなると、気づいた時には38℃後半まで上がってしまって昔から保健の先生や医者に「なぜ早くこない!」と言われるタイプの自分にしては、珍しく「普通」の風邪を引きました。
(妹に話をしたら、「お姉ちゃんが普通の風邪引いてる!すごい!」って言われた。何がすごいのか、お姉ちゃんはわからないよ)

熱に強いため、鼻水は小青竜湯で押しとどめ、そのまま仕事をして帰宅。最後の追い込みをしたものの、結局、2日の夜に新刊は難しいという判断をし、書き溜めていたものから二人助六シリーズのものを取り出し、無料配布を作ることにしました。

一旦寝て、3日の明け方、熱は平熱+3℃くらいに下がったにも関わらず体が重く、こりゃイベント無理かな〜と思ったのですが、すごい楽しみにしていたし、体の不調よりも、精神的な乾きが切実だったので、少し休んで行く事にしました。移動の電車の中で、意識が飛びかけたものの、それを境に少しずつ調子が上向きになり、会場近くの駅に到着。

開始から1時間ほど遅れてビッグサイトにつくと、「一般」「サークル」「黒子のバスケ」という誘導看板が出ていて、思わず吹きました(ここはオンリー会場ですか!?)。写真撮ればよかったな。

宅配搬入を引き取りにいくと、おねえさんがとっても素敵な笑顔で、かつとってもカッコいい蹴りをかまして鉄柵の留め金を開けてくれ(荷物が入っている大きな鉄柵で囲まれたかごのようなやつ、あれ結構ガッてやらならいと、留め金の部分がはずれないようになっているらしい)、お荷物出してくれました。

そのあとは、もう気持ちが幸せでいっぱいいっぱいでした。
呂律が回らなくなったりもし、当スペースに訪ねてきてくださったみなさんに、ちゃんと対応ができなかったときもあり、申し訳なかったです。いろいろな方に声を掛けていただいて、短い時間でしたがお話ができて、やっぱり来て良かったと思いました。
本当にありがとうございました。

そして、一般で来ていたひろぽんが見かねてお手伝いに入ってくれて(途中からお手伝いっていうか、ひろぽんが全部やってくれた)、とてもとても助かりました。いつもいつも、そして今回もありがとう。

昼過ぎから、体調が上向いて来たので、スペースも一通り回る事ができて、あちこちのサークルさんの本を買う事ができました。シールラリーもちゃんと15枚以上集められて、素敵な景品と交換させていただけました(あの油取り紙の絵がツボ過ぎた)。


当日参加を決めて良かったと思っていますが、やっぱり遅刻はスタッフの方やその他諸々ご迷惑を掛けることなので、今度はちゃんと体調を整えて遅刻しないように行って、できれば新刊も携えて、イベント参加したいと思います。


あ、それから、イベントで見込みが甘くて半分くらい搬入分の在庫が尽きてしまい、申し訳ありませんでした。
「二人助六」の総集編はまだまだ段ボールでたんまりありますし、コピー本のほうもまた増刷しますので、次のイベントにはまた追加して持っていきます。通販の方も、一時的に「春告草嵐 前編」が在庫切れになっていますが、こちらも後日増刷します。

ここまで長々と失礼しました。
次に参加するイベントにつきましては、決まり次第、サイトやTwitterにてお知らせします。
もう少し落ち着いたらサイトの更新もしたいです。

例年になく、寒い5月もようやく温かくなってきました。どうぞご自愛ください。
posted by アヤ at 23:15| サークル情報
検索ボックス
 
カテゴリ
過去ログ
Powered by さくらのブログ