2018年05月20日

「ブルースを聴きながら《完全版》」乱丁のお詫びと対応について

改めましてこの度は「ブルースを聴きながら」の乱丁について、ご不便・ご迷惑をお掛けし、誠に申し訳ございません。印刷会社との協議に時間がかかり、今後の対応についてのお知らせが遅くなりましたこと、重ねてお詫び申し上げます。

【乱丁の状況】
156ページの印刷が上下反転

【原因】
印刷会社の面付けソフトの不具合(印刷する際は、効率を考え、1枚の大きな紙に複数のページを印刷し、その後、裁断して仕上げるのが一般的です。面付けとは複数ページを一度に印刷するために、ページとページを組み合わせることを言います)。今回印刷をお願いした会社では、4冊分を一度に印刷できるよう面付けを行っており、そのうちの1冊分がソフトの不具合によって反転。このため、乱丁が4冊に1冊発生することとなりました。

【今後の対応について】
ページの上下が反転していることで、読みづらくご不便をお掛けしてしまうこと、また私自身、お代を頂戴しておきながら、不完全なものをお渡ししたことを大変心苦しく思っております。そうした思いもあり、私の勝手な希望で恐縮ですが、ぜひ不備のあった本と良品とを交換させていただきたいと考えています。

恐縮ながら、現時点で次のイベント参加が決まっていないことから、基本、郵送での交換をお願いできればと思っています。
交換についての流れは下記の通りです。

(1)良品の郵送先(ご住所、お名前)をご返信にてお知らせください
(2)当方より、良品と乱丁本の返信用封筒(切手等貼付済み)をお送りします
(3)乱丁本を返信用封筒に入れ、ポストにご投函くだざい。乱丁本の梱包は不要です。急ぎませんので、ご都合のよい時で結構です

すでにご迷惑をお掛けてしているにもかかわらず、返品についてお手を煩わせる形となり、申し訳ございません。

なお、良品と今回の交換にかかる郵送費については、印刷会社の方で補填していただくことになりましたので、当方に費用的な負担はなく、ご心配なさらないでください。

これまでにご連絡いただいている件数は、乱丁が発生したと考えられる冊数にまだ達していません。お手元にございます本の156ページをご確認いただき、もし上下反転がございましたら、サイトのメールフォーム、本の奥付のメールアドレス、TwitterのDM、いずれかの方法でご一報いただければ幸いです。

お手数をお掛けし、心よりお詫び申し上げます。
よろしくお願い申し上げます。
posted by アヤ at 19:35| このブログについて
検索ボックス
 
カテゴリ
過去ログ
Powered by さくらのブログ