2014年10月29日

企画「私が考えるミラージュイメージ曲」募集

Twitterでは先にお知らせをしておりましたが、
突然ですが、「私が考えるミラージュイメージ曲」という企画を始めました。

市販の曲で皆さんが「これミラージュのイメージだと思うの!」っていう曲を教えてくださいというものです。
いただいた投稿はまとめて後日サイトに掲載します。

できた曲リストは個人で楽しんでいただくもよし、カラオケ用に自分の持ち歌増やすために使うもよし。
ミラージュファン同士、世界観を共有できたらいいなと思っています。11月24日くらいまで募集やっていますので、お時間ある時にお願いできると嬉しいです。よろしくお願いします。

今回はみんなで楽しむ、というところに力点を置いているので、注意書きとかちょっと細かいですが、難しいことはそんなにないと思うので、ご一読いただいて投稿していだければ幸いです。ご不明な点があればお気軽にお尋ねください。


っていうのを何でやり始めたかというと、最近またミラでカラオケご一緒する機会が増えて、私が考えるミラソン大会的なことをやると、他の方が歌う曲聞いて毎回開眼の嵐なんです。
私は歌に疎いので、こんな曲あったんだ!という感動がすごくあって、これ是非他の方々とも共有したいと思ったっていうのが理由です。
だって、もっとミラソン的な曲知りたい。そしたらたくさん曲買ってさ、イヤホンで聞いてさ、会社の行き帰りも幸せになると思うんです。

ミラージュの世界は壮大で様々なテーマ含んでるから、教えてもらった曲を通じてまた解釈が広がったり、それってすごくいいなって思うのです。

っていう超個人的動機なので、「しょうがねーな、手伝ってやるか」という方がいらっしゃいましたら、どうぞよろしくお願いいたします。

ちなみに、曲リストのまとめ方ですが、サイト内で歌詞まで見られれば便利なんですが、それは権利上難しいのでできません。なので、ダウンロードサイトへのリンクとかAmazonのアフィリエイト機能とか、著作権的に問題ない方法でいろいろ検討中です。

サイトは12月1日公開予定です。

募集サイトのURLはこちらです。
http://goo.gl/forms/EcmBnmrwr1


※集計の関係で1回の投稿につき1曲のみしか書けませんが、回数制限はありませんので、複数ご存知の方がいらっしゃいましたら、お時間がよければ是非何度でもご投稿ください。

※他の方が投稿された曲とかぶるのは全く問題ありません。同じ曲でもイメージする登場人物やシーンが異なる事もあると思いますし、もし全く同じでもそれだけ、ぴったり度が高いということだと思いますので。
posted by アヤ at 23:11| おすすめ情報

2014年10月25日

舞台DVD オープニング映像公開

既に多くの方がご覧になってると思いますが、
自分の記録用として、ブログにも貼っておこうかなと。

先日の舞台化のオープニング映像、いち早く公開されました。
プロジェクションマッピング、音楽、ライティング、役者の皆さん一人一人がぴたりとはまり、世界観が凝縮されたオープニング。リピートが止まらん…



特典付DVD予約は今月末までとのこと。
来年の2月頃に届くらしいので、届いたらみんなで再生会やりたいなと思っています。
http://www.shop-ep.net/trifle_stage/
posted by アヤ at 17:59| おすすめ情報

2012年11月24日

真皓き残響 蘭陵魔王

30日発売!
ぎゃあ。バクバクする。
クライマックスって、最終巻ではないですよね、先生!?

真皓き残響 蘭陵魔王 炎の蜃気楼邂逅編 (炎の蜃気楼シリーズ)
桑原 水菜
集英社
売り上げランキング: 1294


そして続いて、


画像、まだ出ていないけども。
幕末編! やばい。スキだ〜!

ひさびさに、浜田先生のコミカライズもあるとのこと。
ミラージュ祭りだやっほい。
posted by アヤ at 02:29| おすすめ情報

2012年04月16日

幕末編感想




幕末編の感想を思いつくままに箇条書きで書いていこうかと。
念のため、未読の方の為に隠しでいきますね。ネタバレOKな方は「続きを読む」からどうぞ。
続きを読む
posted by アヤ at 00:24| おすすめ情報

2012年03月12日

桑原水菜先生月間

今月は桑原水菜先生月間。わーい!わーい!
先生、どれだけお仕事されてるんだ。すごいな。うれしいな。でもお体だけはどうぞお大事に。

ってことで、amazonぺたぺた貼っちゃう。
まだ表紙画像ないのもあるわけですが。

Cobalt 5月号はまだない模様。幕末編!幕末編!
既刊まだぜんぜん読めてないよ。今週ぐらいで、仕事のピークが落ち着いてくれそうな気配がただよってきた。よし、もうちょい!

真皓き残響 神隠地帯 炎の蜃気楼邂逅編 (炎の蜃気楼シリーズ)
桑原 水菜
集英社
売り上げランキング: 1438



プラネット・サファリ 百獣王の双子 (f-Clan文庫)
桑原 水菜
三笠書房
売り上げランキング: 5830



ほうらいの海翡翠  西原無量のレリック・ファイル
桑原 水菜
角川書店(角川グループパブリッシング) (2011-12-22)
売り上げランキング: 65432

posted by アヤ at 02:28| おすすめ情報

2010年08月29日

ミラ関連プチオンリー追加

ナオタカ・オット・メルカート

ミラ関連の新しいプチオンリー情報があがってました。
直江×高耶で眼鏡設定のプチオンリーだそうです。
眼鏡か。新しいな。

来年5月4日のSUPER COMIC CITY内とのこと。

まだだいぶ先なので、自分の予定がどうなるかわからないのですが、検討用のイベントリストには入れておこうと思います。
posted by アヤ at 22:32| おすすめ情報

2010年08月27日

Comic Cobalt 表紙

Comic Cobaltの表紙が出てたので再UP。

Comic Cobalt (コミック コバルト) 2010年 10月号 [雑誌]

集英社 (2010-08-30)
おすすめ度の平均: 4.0
3 コバルト作品のコミック化、ぎしっり
5 豪華!!豪華執筆陣。保存版です。



雑誌Cobaltのサイト、行ってみたのですが、今のところ特設サイトはないみたいですな。せっかくなのにもったいない。

posted by アヤ at 21:30| おすすめ情報

2010年08月23日

Comic Cobalt

Cobaltの漫画版「Comic Cobalt」のリンクがようやくAmazonに出現したので、貼っておく。表紙の画像はまだですのう。



posted by アヤ at 08:58| おすすめ情報

2010年08月05日

漫画Cobalt

雑誌Cobaltの増刊号で漫画雑誌が出る模様。
「Comic Cobalt」8月30日(月)発売だそうです。
ほたか先生による邂逅編が出るそうで、とっても楽しみです。
今までのやつも合わせて、単行本で出してくれないかな〜

ほたか先生の描く夜叉衆は、カッコいいのに、どっかぎゅうってしたくなる愛らしさがあって大好きです。先生のサイト、通い詰めております。

Amazonにはまだ登録されてなかったので、登録されたらリンク貼っておこう。
posted by アヤ at 01:20| おすすめ情報

2010年06月10日

乾燥肌を改善する方法(5)

書いている本人が一番忘れていたかもね。でも本当は忘れてなくて、なんかビミョーにずっと気持ち悪かったので、もういい加減書こうかしらの「乾燥肌を改善する方法」その5。(何のこっちゃ)

過去のバックナンバーこちら。

第1話 http://void-web.sblo.jp/article/36316858.html
第2話 http://void-web.sblo.jp/article/36404445.html
第3話 http://void-web.sblo.jp/article/36404450.html
第4話 http://void-web.sblo.jp/article/36768134.html

乾燥肌の季節、もう終わっちまったじゃん!という意見もあろうかと思いますが、いやいや。マジで本気で乾燥肌の人は夏でも乾いているのですよ。残念ながら。汗は出たって乾燥はする。残念ながら。パート2。汗かいて、肌はびちゃびちゃなのに、その汗の下で肌は乾いているという悲しい状態。

逆に言うと、夏は乾燥してないって人は、それ乾燥肌じゃないっす。ただの季節的に乾燥しているからで、あなたが乾いているのではありません。きっと。

それではそろそろ最終回。
化粧水の選び方。

いろいろありますが、とりあえずこれだけは心しておくこと。
「肌になんとしてでも化粧水をとどまらせること」

前にもちょいちょい書きましたが、肌はそもそも油系、化粧水は水分。なので、交わりやすいもんじゃないわけです。でもそれは正しい姿で、肌がそもそも油分持っていなかったら、空気の湿度が下がったら肌から一気に水分抜かれちゃう。それって怖い。

っていうことで、化粧水は水分だけど、そのままでは肌に浸透しないから、浸透するような仕組みを持っているものを選ぶこと。これ大事。

よく、乳液とかクリームとかで蓋するっていいますけども、あれ正直賛成できない。だって、肌に蓋するって変。蓋するって毛穴詰めているってことですよ。肌が元気な人はよい。どんどん使ってくれ。でも乾燥して、肌体力落ちてるところに乳液とかクリームとかの油分を塗りたくって、さらに毛穴埋めちゃうってそれヤバい。ニキビなんかにもいいわけない。ターンオーバーとかどうなるの。

塗るなら肌がちゃんと吸収する、毛穴塞がないやつで。そして、クリームで保湿するんじゃないから、塗りすぎない。

それに、そのままで肌に浸透できない化粧水は蓋をしたって浸透はできるはずはない。肌の表面がなんとなく湿っぽくなったから、浸透したってのはそれは勘違い。

肌を潤すのはクリームじゃなくて、あくまで化粧水。
乳液やクリームに頼らないでも、ちゃんと潤うものを見つけるのが一番大事。乳液やクリームも使うのはいいけど、乾燥肌対策ということなら、まずは化粧水という優先順位を間違わないようにしたいです。


ということで、おすすめ品のご紹介。
まずは、エテュセの「薬用アクネ スキンバージョンアップEX」
http://bit.ly/de50qW

ソニプラとかちょっと美容関係に強いドラッグストアなどで売ってます。どこでも売ってるわけではないのですが、前に比べればかなり取り扱い店舗増えましたし、オンラインショップもあるので、お近くのとこ探してみてください。

税込みで2100円。ディスカウントされて売られているのは見たことないです。(たぶんそういう取り扱いの化粧品なんだと思います)

で、これ、実は化粧水ではございませぬ。
化粧水の前に塗るやつでして、本来なら交わらない油を含む肌と水分である化粧水を馴染ませるための液。これ塗るとですね、化粧水ぺたぺたしたあとに、肌が化粧水をちゃんと保持してくれるのです。すごいね。

化粧水を塗っても塗っても乾いていく! という状況から脱出できます。

ここの化粧品会社の回し者じゃ断じてないですけど、私はこの「薬用アクネ スキンバージョンアップEX」とエテュセの化粧水のセットで、超乾燥肌を脱しました。実話。

これに出会うまでは本当にいろいろやりましたよ。肌がとにかく乾燥しまくって、ナイトクリームが化粧水代わりの時代もありました。

本気の乾燥肌っていうのはですね、水分なさ過ぎて肌表面の皮はいつも浮いた状態、20歳そこそこなのに昼過ぎてくるともう顔の肉が垂れて「お疲れ顔」になる、とかなわけです。

生まれつき肌が弱くて、5歳児のときにすでに友人のお母さんで化粧品販売員してる人に「あらー、あなた肌弱いわね。将来大変だわ」と言われた経歴の持ち主ですので(5歳の肌でもわかるもんなんですね。すごいなー)、健康的な肌には今でもほど遠いですが。でも、超乾燥肌ではなくなりました。オールシーズン。


あともうひとつ、最近見つけたのでヒットしたもの。
かの大ヒットした肌ラボシリーズの「極純α化粧水」です。
http://www.rohto.co.jp/hadalabo/labo4/prod01.htm

サイト見ると40代からの〜とか書いてありますが、これ読んでいる20代、30代の方。まあ、気にするな。実年齢なんて関係ないっす。ようは肌年齢。

この化粧水に含まれているαリポ酸がエモリエントといって、皮脂の状態を整えて水分の蒸発を防ぐ役割を担っております。サプリメントなどでよく耳にするαリポ酸ですが、こういう働きがあってそれを化粧水に使ったと。ほかにもそんな化粧水ありそうだけど、まだ試してないです。

実際使ってみたら、なるほど、本当に特にクリームとか塗らないでもなかなか蒸発しない。これでドラッグストアとかで1300円くらいだからいいんじゃないかと。


以上のものを使いまして、私はいまのところクリームと乳液は使ってません。使うと肌がもぞもぞして痒くなっちゃうので。たまに、うすーくベビーオイル塗ったりしますがそのくらい。

あと、化粧水塗るときは、手のひらでもコットンでもいいですが、ちゃんと肌が欲しがる分あげること。化粧水のボトルの裏に書かれている目安はあくまで目安。肌の状態に合わせて、多めにつけたり減らしたりする。

そして終わったら、必ずハンドプレスすること。
ハンドプレスとは、手のひらで頬を覆って最後の一押しをすること。肌をあっためて血行をよくする効果もあります。

さらにハンドプレスしながら、心の中で「水分、浸透しろー!」と念じることも大事。こういうこというと精神論みたいで怪しい感じがしますが、要は肌に意識を集中するということです。

筋トレの際に、今動かしている筋肉がどこかちゃんと意識すると効果が高まるのと同じです。意識が集中すると、その部分の細胞が動く。肌も細胞なので意識のあるなしで結構違ったりします。

最後に、すべてに言えることですが毎日やること。ときたまやればいいなんてのはないです。一日さぼればそれを取り戻すのにまた時間がかかります。正直面倒ですが、なにもしなくてもキレイな肌に生まれてこなかったんだもの、しょうがない。足りない物は努力して補うまで。


そんな感じで乾燥肌を改善する方法、超自己流を紹介してきました。どれかでも乾燥に悩む方のヒントになれば。またこれから歳を重ねて、今と同じ方法じゃいられなくなると思いますが、とりあえず今はこんな感じです。

そいでは、全然ミラにも同人にも関係ない話を、いっぱい読んでくださった方、ありがとうございました。
posted by アヤ at 00:00| おすすめ情報

2010年04月07日

炎の蜃気楼総集編

もうアマゾンに上がってた。やっほーい。
これを糧にしてがんばるじょー。
入稿してご褒美に見るんだ!

炎の蜃気楼総集編
炎の蜃気楼総集編
posted with amazlet at 10.04.07

集英社
売り上げランキング: 660


「桑原水菜デビュー20周年フェア」
http://cobalt.shueisha.co.jp/fair10/index.html#
posted by アヤ at 02:32| おすすめ情報

2010年03月29日

乾燥肌を改善する方法(4)

ずいぶん間があいてしまいました。
乾燥肌を改善する方法。続きましては化粧水編です。

おすすめの化粧品をご紹介する前に、これ読んでくださっている方に質問です。

「化粧水をつけてもなかなか潤わなくて、すぐまた乾いて、化粧水を2度、3度、4度とつける。朝もナイトクリームを使わないと無理とかだったりしますか?」

Yesの方。
それは重度な乾燥肌。
このまま化粧水を多少丁寧につけたからとて、乾燥肌は改善しません。

なんでかというと、肌が砂漠化しているから。
砂漠というのは土の養分が失われて、保水できなくなった状態。そこにいくら水を注いでも、砂の間を通り抜けて、すぐに蒸発してしまうだけで、いっこうに砂漠が土のように潤うことはありません。

肌も同じです。
養分を失って乾き切った肌に、いくら化粧水を注いでも、その化粧水は肌にとどまってはくれません。化粧水を塗ったあとに、乳液など油分で蓋をしても、潤うのは表面の見せかけ部分だけです。

そういう状態になったら、化粧水だけではどうにもならない。

肌の基礎体力を取り戻さなくてはいけません。

方法はいくつかあります。
睡眠時間をちゃんととるとか、ご飯を食べるっていうのはまあ当然のこととして、あとはコラーゲンとビタミンBなどの肌組織をつくるのにつかう成分のサプリメントをとる。皮膚科に行って、飲み薬や塗り薬を処方してもらう。あとは、年配の方向けの養分が入った化粧品を使うなど。

サプリメントは飲んでも変わらないじゃん、と嫌がる人もいますが、サプリ飲んでも効果がでないのなら、基本的にその人にはその成分は足りていて、必要なかったからだと思います。カルシウム系など目に見えづらいものや、体質で鉄分がすくないのに、せっかく摂った鉄分を流してしまうこともあるので、効果がない理由もいろいろありますが。

ただ、基本的にはサプリメントは補うもので、正常な状態からさらに向上させるものではありません。補う必要がなければ当然必要ありませんし、効果は出ません。

コラーゲンは、いろいろな栄養素の中でも早く効果が現れるもののひとつです。夜に参鶏湯を食べたら、翌朝肌がぷるぷるというのはよく聞く話です。食べ物で摂るのが一番いいのですが、難しい場合にはうまくサプリメントを活用することをおすすめします。

ちなみに、私はアレルギー性皮膚炎で、肌がボロボロになったとき、皮膚科でもらうアレルギーの薬と一緒にコラーゲンを飲んでいますが、飲まないときに比べて皮膚が回復する速度が結構違います。

コラーゲンもいろいろなところから発売されていますが、私は今基本毎日飲んでいるので、コスト面とあとフィッシュコラーゲンという理由でDHCのものを飲んでいます。粒が大きめなのがちょっと何ですが…。コラーゲンは動物由来のコラーゲンや魚由来(フィッシュコラーゲン)などの種類があります。私の場合は動物タンパク質のアレルギーがあるので、一応フィッシュコラーゲンを選ぶようにしています。コラーゲンにもいろいろありまして、吸収しにくいものもあるようですので、いろいろお試しくださいまし。

んで、化粧品も「私まだ若いもん!」とか言ってる場合じゃないんで、年配の方用のなんかいろいろ養分が入ったやつ使うのも手です。だって砂漠肌の肌年齢は、たぶん立派に年配ですよ。肌が元気になったら、また若者用に戻ればいいんで。

そいでどうしようもなかったら、さっさと皮膚科行きましょう。アレルギーとかデキモノなくたって、乾燥肌はほっとくといろいろなトラブルの原因にもなるわけですから、そのへんは遠慮せず、どどんと。美容だけの問題じゃないんですぜ。

って、ところでまた次回。
つぎは具体的な商品の選び方です。
posted by アヤ at 00:00| おすすめ情報

2010年03月16日

乾燥肌を改善する方法(3)

洗顔編のつづき。
洗顔料の選び方であります。

最終的には自分の肌にあったものにしてくださいっ、てことなのですが、全く何もないとわけわかんないので、いくつかポイントを挙げます。ご参考になれば。

まず最初にすること。

●今使っているやつで丁寧に洗顔してみる。
これはクレンジングにも化粧水にも言えますが、化粧品ってね、不思議なもので、買うとそれが自分を綺麗にしてくれるような気がするんです。そういう期待感って、大事なんですけど。

でもですね、そういう気持ち的なところばっかり重視するのも考えものかなと思います。思い込みは大事ですよ。でも気持ちばっかりだとそのうち冷めちゃいます。だいたい化粧品1本使い切る前にね。肌に合わなければすぐにやめないといけませんが、特に異常がなければそのまま使い切ってみるつもりでいいと私は思っています。もったいないし。

もったいない以外にももうひとつ理由があります。
基礎化粧はクレンジング、洗顔、化粧水の最低3ステップあります。それぞれのステップで使う化粧品の良し悪し、そしてその使い方の良し悪し。どれかひとつ不完全でもダメなわけです。だとすると、その原因を突き止めるのすごく大変です。クレンジング剤が悪いのか、洗顔剤はいいけど洗顔方法がだめなのか。しかも、肌の一周期は三週間と言われているので、正確な結果はそれだけまたなきゃいけない。

だから、まず今使っているもので、正しい方法で化粧落しと洗顔と化粧水をやってみます。それでもあまり改善しなかったら、クレンジング剤→洗顔剤→化粧水の順番で変えてみてください。この順番なのは、肌に与える負担が大きい順。化粧水は塗って腫れるとかなければとりあえず大丈夫だったりするので。クレンジング剤は、実は肌に合ってないというのが、慣れない人には影響力大きいくせにわかりづらいのです。

雑誌とかで、おすすめの化粧品とか見ちゃうと買いたくなるのですが、ちょっとがまんがまん。肌が丈夫な方は気ままに試してOK。どうぞじゃんじゃんやってくれ。でも肌が弱い人は、んなことしたら大変。慎重に確実に。でないと、たださえ合わない化粧品多くてせっかく買っても無駄になること多いのに、際限なくなってしまうし。


さて、ちょっと話がそれましたが戻して。
丁度いい洗浄力を見いだすのってすんごい難しい。人によって違うってこともあり。
ちょっと弱めのから始めて、ちゃんと洗っているのに肌表面がずっとなんか乗っているような感じだったら、もう少し強めのものにしてみる、とかかなー。うーん。アドバイスになってない。洗い上がり肌が突っ張るのとかは、洗浄力強過ぎですかね。

次に、選ぶときにありがちザッツ勘違いを並べてみました。以下を注意してください。

●「○○フリー」は当てにしすぎない
オイルフリーとかパラベンフリーとか、なんちゃらフリーとか。肌によさそうです。実際良いことも多いです。が、だからと言って自分の肌に合うか、良いかは別物です。似たようなうたい文句で「低刺激性」などがあります。これも同じ。そりゃ低刺激の方がいい。でも、肌に合わない、十分な洗浄力がない可能性もあります。万能ではありません。

●天然植物由来、天然成分だから大丈夫、ではない
手作りコスメ、イソフラボンとか、あとは「LUSH」とか。流行っていますが、これ、注意してください。肌が元々強い人は問題ありませんが、特に何らかの食物アレルギーを持っている人、草むしりをしていて、肌の白い部分に赤いポツポツが出来たり、手のひらが腫れて指が曲がりにくくなった経験を持っている方。注意です。自然のものだから安全というのは、半分本当で半分嘘です。植物に対して、合わない方というのはいます。そういう人は、植物から抽出した高濃度のエキスを使用している化粧品は、ダメなことがあります。

ただし、多くの場合、それはすべての植物に対してはないと思います(すべてダメな人もいますが)。例えば私はアレルギー体質で草まけします。思いっきり。食物アレルギーもあります。結果、大豆系の化粧品は塗ったとたんかぶれます。ヘチマ水とかもそう。でも、桃の葉とかは全然問題ありませんでした。

そういう意味で、天然〜じゃなければ肌に悪いかというとそうでもないということです。結局は自分の肌がどういう反応するか。これは自分の肌しか正解を知りません。


●弱酸性でなければならない理由は特にない
同じく「弱酸性」という言葉をうたい文句にしているものあります。確かに人間の肌は弱酸性です。でも弱酸性でなければだめなわけではありません。もちろん強い酸性やアルカリ性は無理です。ただれます。が、アレルギーの人が使う石鹸シャンプーとか、あれは弱アルカリ性です。肌がちゃんと肌を弱酸性にします。だから、弱酸性にこだわって、肌に合わないものを使っているほうが良くないです。


というところで、私が使っているおすすめ2点をご参考までに。

●エルベナ ソープ
http://www.coop-kobe.net/ck/monitor/kako/kako070706.html
黒い石鹸です。4年くらいお世話になっているはず。洗い上がりも肌乾かないし、落としたい汚れもちゃんと落ちてる。これを洗顔ネットであわ立ててつかっています。石鹸は水にふやけてしまうものもありますが、これは全然平気。120gで1,900円。ひとりで朝晩使ってだいたい4ヶ月〜5ヶ月くらい持ちます(たぶん)。なかなか減らないのであんまり正確な期間覚えてないです。すみません。

んで、薦めておいておいてなんですが、これ生協の通販でしか買えないのです。ほかに探してみたけどなかった。私は母が実家で生協を使っているので、頼んで買ってもらっています。生協の実店舗にもたぶんないっぽい。お知り合いの方がいらしたら、お願いしてみるとか(そんな回りくどい・・・)

ちなみに洗顔は石鹸でもチューブタイプでもいいのですが、一般的に石鹸のほうが固形なので、防腐剤が少ないそうです。防腐剤は基本的に少なくていいなら少ないほうがいいので、迷ったら防腐剤少ないほうを選ぶとかよいかもです。まあ、防腐剤少なくたって、肌に合わない成分入ってたら、そりゃだめですけど。


もうひとつご紹介。こちらは普通に買えるはず。

●ガスール
http://www.rakuten.co.jp/uzumasa/779227/485738/
モロッコの粘度の乾いたものです。これを水に溶かして、泥状に戻してから使います。もう少し詳しい使い方は下記をご参照ください。
http://www.naiad.co.jp/ghassoul/howto.html

ソニプラとか美容関係に強いドラッグストアとか、あと自然派化粧品や食品のお店とかにあります。粉タイプ600円と固形タイプ500円のがありますが、固形のほうがお勧めです。

パッケージには粉の方がすぐにつかえると書いてあるのですが、この粉がね、ぎゃくになかなか水に馴染まなくてぐるんぐるんかき混ぜなきゃいけないんです。面倒くさい。固形タイプであれば、容器にザラザラっといれて水を入れて放っておけば、自然にどろっと溶けて手間なし。

滑らかな泥にするために、できれば1日は置くことををおすすめします。早く使いたいときは水の代わりにぬるいお湯を使うとよいです。出来た泥は少し固ければお湯や水を混ぜながらクリームのように、肌にぬりぬりして、洗い流します。これでOK。
泥成分が肌を柔らかくしてくれて、洗い上がりしっとりです。これで汚れ落ちてるのかと思いますが、大丈夫です。落ちてます。

洗顔以外にも、普通に泥パックとしても使えます。時間あるときは顔洗って一回流して、もっかい泥塗ってパックック。ちなみに頭も洗えます。体全身洗うもよし。500円とプチプラにも関わらず、かなり優秀であります。


あとひとつ、洗い方で補足が。
毛穴って、当たり前ですけど丸い穴なので、洗顔する際に指を上下に動かしてもそりゃうまく汚れをとることはできません。お掃除と一緒です(やな喩えだな)。なので、小鼻とか皮脂汚れで毛穴が気になるところは、指の腹で優しく小さな円をいっぱい描くようにします。右回り、左回りってすると、穴にちゃんと石鹸が入っていきます。指一本じゃ効率悪いので2本3本と使ってください。

手のひら全体でぐるんぐるんはだめですけど、このやり方だったら大丈夫です。それでもし、ゴシゴシしちゃうクセがある人は、人差し指を除いた3本指でクルクルしてみたらよいかと。人差し指を使わないようにするとあとの3本に力が入りづらいですから。

というところで、次は化粧水編でございます。
posted by アヤ at 00:00| おすすめ情報

2010年03月15日

肌乾燥を改善する方法(2)

懲りずに2回目。

●洗顔編


化粧落としたあとは、洗顔でござます。

洗顔は、まず自分に合った洗顔料と、適切な洗い方がポイントです。

肌が弱かったり、乾燥がひどい人がもしかしたらやってるかもしれない間違い例を挙げます。

(1)スクラブ入りの洗顔料を使っている。
確かに洗いあがりすっきり。毛穴もすっきり。でも、その分肌の表面を削っているかも、ってことを忘れてはなりませぬ。「でもでも私ターンオーバー正常にできてなくて、スクラブ入りじゃないと角質がたまるの」という方。それ、実は本末転倒になっているのであります。

肌が乾くと、当然肌が正常に機能しません。もちろんターンオーバーもうまくいきません。
肌が乾燥する→ターンオーバーがうまくいかない→スクラブ使う→肌がさらに弱ってさらに乾燥→さらにターンオーバーうまくいかない。の悪循環にはまります。

スクラブ使うと、その一瞬はさっぱりさっぱり。「やっぱりこれ!」って思うのですが、長い目で見ると、スクラブないと角質が自然にはがれない人に向かっているってことになります。肌の乾燥が改善するまで少し時間はかかるのですが、スクラブ使うの我慢してみませんか? もしくは回数減らしてみるとか。

本当に肌が丈夫な人はよいですが、肌が弱い、乾燥しているっていう方にはスクラブはお勧めできないです。


(2)強力な洗顔料使っている。
これは自分は乾燥肌じゃないと思っている人にも関係がある話です。
「私はオイリー肌or混合肌だから洗顔料しっかり油落としてくれるやつじゃないと!」という方。

混合肌の方は、肌の皮膚自体は乾いているのに、その上にうっすらオイル乗ってる感じだったりしますか? その場合、普通に乾燥肌です。なんでそういう現象になるのかというとですね、
肌が乾燥する→肌が「乾いちゃう!補給しなきゃ」と思う→しかし水分ないので、肌を守るためにオイルを出す
っていうシステムになっておりまして。なので、乾燥肌を改善すれば、オイリーも自動的に改善する可能性が高いのであります。私も5年くらい前は完全にコレでした。

上と同じ話で、本当にオイリーな人という人もいますが、中には実は肌乾燥によるオイリーさんもいます。オイリー肌だと思っている人ももしかしたら、肌に水分が足りないことによる隠れ乾燥肌かもしれません。

なので、本当のオイリーじゃないのに強力な洗顔をつかっていると、乾燥が進む一方です。一段、二段洗浄力の弱いものに切り替えてみる、ということも検討してみてはいかがでしょうか。


(3)弱い洗顔料を使っている。
上と矛盾しますが、必要分をちゃんと落とさなくてもだめなのです。洗いあがったとき、肌がすっきりしない(しすぎてはだめですが)ものは、もう少しちゃんと落ちる洗顔料にしてみるといいかもしれません。もしくは、洗浄力の異なる洗顔料を交互に使う、その日の肌の状態に合わせて使うといいと思います。

その日その日で合わせられたらそれが一番良いのですが・・・まあ面倒くさいですよね。


(4)今も昔も同じ洗顔料を使っている。
コレはそれで大丈夫な場合もありますが、年齢を追うごとに新陳代謝は変わっていきます。昔使っていたのが実はもう今の肌に合わない可能性もあります。以前とは違って洗いあがりに違和感を感じたら、また別のを探してみましょう。


(5)ちゃんと泡立てていない。
チューブタイプでも固形石鹸タイプでも、ちゃんと泡立てないと肌が傷つきます。泡立てるには、必ず洗顔ネット使うことをおすすめします。洗顔ネット使うほうが早く泡立つというのはもちろん、きめ細かな泡がつくれます。手でそこまで泡立てるには限界があります。洗顔ネットでしっかり密度の高い泡をつくります。


(6)手を回転させながら洗っている。
洗うときもう一つ注意。顔の上で手をぐるんぐるん回して洗うの、あれ、NGです。肌が丈夫な人は問題ないですが、弱い人は、たかが泡と言えど摩擦を起こしてしまうので、肌が擦れます。密度の高い泡を、肌にゆっくり押し付けて、泡に汚れを吸着させるつもりで。これをするためにも密度の高い泡が必要です。ちゃんと泡だってないものは、弾力がないのでできません。


(6)水、もしくは熱いお湯で流している。
洗顔に石鹸成分が含まれている場合、水では十分に流れきれない場合があります。また、熱いお湯では肌の必要な油分を流してしまいます。肌温度と同じくらいのぬるま湯を使ってください。そして、使うぬるま湯は、洗面器に溜めずにもったいないけど流水にすること。せっかく流そうとしているのに、また肌に流した泡をつけることになるので。


(7)タオルで適当に拭いている。
最後せっかく丁寧に洗ったのに、これやると台無し顔を拭くときは、新しいタオルで、風呂上りならまず顔を拭いてから、体を拭いてください。汚れを落としきったまっさらな肌に雑菌をつけてはなりませぬ。ただでさえ弱っているので、これ厳禁。

そして拭くといっても、肌をこすらないように、タオルを顔に軽く押し当てて水分を吸い取るようにすること。洗い立ての肌は、無防備で傷つきやすい状態でもあるので、ここでゴシゴシこすったらノンノン。

といったところで、
ちょととが長くなりそうなので、いったん区切ります。

次のネタは洗顔料の選び方にします。
参考になればいいのですが・・・(返って迷わせたらごめんなさい)
posted by アヤ at 00:00| おすすめ情報

2010年03月13日

肌乾燥を改善する方法(1)

全然ミラージュじゃないし、同人でもないし、日常ネタとも違うのですが、原稿やっていて、唐突に全然違う分野のことが書きたくなったので、標題のようなお話でも。不要な方はそのままバックしてくださいまし。

冬の乾燥している時期を過ぎても、まだ肌が乾く人に参考になれば。
※ちなみにこれは肌が弱くて、最低限の手入れはしているのにダメな人用です。肌はもともと健康なのに、さぼって乾燥しているのは、普通に手入れすればいいので除外。以下に書いてあるように手数を増やさなくても、ちゃんと肌の健康は戻ります。


●化粧を落とす

まず、メイク落しと洗顔を一緒にして楽しようというのはNG。なぜって落とすものが違うからです。メイクを落とすのに必要なものと、肌の老廃物を落とすのに必要なもの、違って当然で、それを一緒にやると、落しすぎてしまう。

このときに落としすぎると、いくら化粧水してもパックしてもだめなのです。
肌は本来的に言えば、自分で保水したり修復する力はあるのですが、汚れを落とすことだけはできません。だから、メイク落としと洗顔は、基礎化粧の中で一番大事です。

メイク落としでトラブルになる原因は以下のものが考えられます。

(1)ふきとりタイプの場合、ふきとる際に、肌を擦ってしまっている。
ふきとりタイプは、ぬらしたタオルで丁寧に拭き取るなど以外は、例えばティッシュとかコットンとか、まったく肌を擦らないのは難しいです。肌が弱い人は皮膚が薄い場合も多いので、これはあまりお勧めできないです。

(2)オイルタイプのクレンジングの洗浄力が強すぎる
肌のタイプによって耐えられる洗浄力が異なります。するっと落ちる、っていうふれこみのクレンジングは、だいたい強いです。それで平気な人は大丈夫ですが、肌の弱い人は気をつけるべき。洗浄力の強いクレンジングではないと、化粧が落ちないという人は、唇やアイメイクのところだけ使うとか、そもそも、日常的に落ちづらい化粧をしない、というのも必要かもしれません。

(3)クレンジングの洗浄力が足りてない。
上の(2)と矛盾しそうですが、洗浄力は強過ぎてもだめですが、弱過ぎて落ち切れないのでも、トラブルの原因になります。低刺激性というのと、必要十分なところまで落とさないのは話が別です。自分の肌と化粧品とのバランスを考えて、これは個人によって違うので試してみるしかないです。
(例えば私はDoveだと落ちなさ過ぎてダメです)

(4)洗い流すタイプで、水に触れると乳化するタイプを使っている。
オイルクレンジングに多いのですが、オイルを馴染ませ、それを洗い流すときに、オイルが水に触れて白くなるものがあります。あれが乳化という現象です。で、この乳化という現象が肌に負担をかけている場合があり、また乳化したオイルは実は肌に残りやすいという説があります。私も実際、このオイルで乳化するタイプはどうしても肌の調子がよくありませんでした。最近はジェルタイプのクレンジングも出ています。乳化しないタイプのものを試してみてはいかがでしょう。

というところで、最後に私のおすすめを2つ紹介します。

まずひとつめは、ジェルタイプのクレンジングです。
エテュセの「薬用アクネ ジェントルメークオフ 」
http://bit.ly/bYpEfn

もちろん乳化はしません。ヘビーなマスカラ以外は問題なく落ちます。肌残りもなく、流したあとのベタつきもなく、肌が乾く感じもないです。ニキビとか特になくても、肌が弱い人におすすめです。

もうひとつは、有名な「ジョンソンベビー ベビーオイル」
http://johnsons.jp/baby/products/oil/fragrance_free.html
これをどうやって使うかといいますと、300mlのボトルの場合、2プッシュ分手に取ります。多めです。んで、これをクルクル顔に馴染ませます。オイルって言っても軽いので、分厚く肌に張り付く感じは特になし。化粧品が十分に浮いたらそれをコットンで肌を擦らないように吸わせるように拭いていきます。時間的に余裕があったら、濡れタオルでそっと拭うのもよいです。

ことのき使うコットンに気をつけます。
コットンパックブームもあって、さまざまなコットンが売られていますが、一番原始的なコットンを選ぶことをおすすめします。原始的ってそれなんだよ、って感じですが。
例えば、最近流行りの化粧水パック用にはがしやすいタイプのもの。あのタイプははがしやすいようにコットンが織られていて肌を擦りやすく、そういう意味で、「シルコット」のような封入型も外側が繊維残りしないようになっているので、強い。

そんなこんなで、確かにパッティングとかすると繊維残りしやすいけど、やわらかいカット綿タイプを私は使っています。(というか、また後日書きますが、肌弱いひとが繊維のこりするぐらいの強さで、化粧水のパッティングしたらダメですって)

とはいえ、質の悪いカット綿タイプは、特に乱暴に扱わなくても繊維がぼわぼわしているので、そういうのは使わないようにします。

例えばですが、資生堂の「ビューティーアップコットン」とか
http://www.shiseido.co.jp/products/item.html?pd=28000&br=shiseido_c
無印の「カットコットン」とか。
http://www.muji.net/store/cmdty/detail/4548718561230
この変は問題なく使えました。

いろいろコットン話を書きましたが、結局はどんなコットンでもいいですが、とにかく擦らないということが大事であります。

ベビーオイルは多少肌に残りますが、元々肌にそのまま塗るものなので、特に害なし。もしお化粧の量が多い人は、これをもう一回やるといいです。

女優の人でやっている人が多いらしい、乳液で化粧を落とすっていう方法と同じことです。
ただ、乳液は多少高いし、安くて肌に合うものがあればいいですが、そうじゃなかったら、一回に使う量とそれを毎日使うこと考えると、ちょっと現実的じゃないな、と。

それでたどり着いたのが、ベビーオイルだったわけです。普通のオイルより軽いから洗顔で落ちるしね。ただ、化粧したあとに洗顔はしないと、オイリーなままなので、洗顔は必須。

応用編として、まじで眠くて洗顔とか超めんどくさい、時間ない!ってときはニベアクリーム(缶に入っている一番スタンダードなあれ)をぐるぐるって顔に塗りたくって、そっと拭き取ってバタンキューであります。クリームなので、ベビーオイルより肌になじむし、そのまま保湿にもなりますので。

毎日これやるのはおすすめできませんが、もう、本気で無理、眠い!ってときにやります。

ということで、まずはクレンジング編。
つぎは、洗顔編。

しかし、長いな。ちょっと書きすぎた。
posted by アヤ at 00:00| おすすめ情報

2010年02月01日

ヤマト運輸の「宅急便受取指定」

今日から、ヤマトでこんなサービスが始まった模様。
宅配ボックスとかはないし、忙しくて家を留守にしがちという方には便利なんではないでしょうか。

会員登録(無料)しておくと、宅急便のお届け前に登録したメールに荷物が届きますよーというお知らせがきます。

そのお知らせが着たら、自分の希望の受取日・時間帯や受取方法が選ぶ(選ばなかったら、予定通り配達される)。自宅以外でも提携のコンビにや勤め先に転送してもらうこともできるので、夜9時以降しか家に帰れないときとかいいかもですね。しかも別途料金は必要ないそうです。

便利な世の中になりましたね〜。

とはいえ、イベント帰りの本がぎっしりつまったくそ重い、しかも印刷所の名前の入った箱を、コンビニとか職場への転送は、サービスとしてできても、諸々の事情によりできませんが(苦笑)

http://www.kuronekoyamato.co.jp/uketori/uketori.html?id=top
posted by アヤ at 00:00| おすすめ情報

2009年08月26日

トワイライト

トワイライト 上 (ヴィレッジブックス)
ステファニー メイヤー
ヴィレッジブックス
売り上げランキング: 5225


電車の行き帰り用にいまさらながら「トワイライト」を読み始めました。映画はこの間の公開の見損なっていたのですが、冬には二作目公開なことですし、秋に発売されるDVD見てみようかと思います。

設定はベタなんですが、吸血鬼ってやっぱり絵になる(とは文章では言わないか)テーマだと思うのですね。

まだ1冊目半分くらいですが、おもしろいです。たまに翻訳が変なのか原文が変なのか不明ですが、いっくら読んでも何言ってるかわかんない状況描写とかあるんですが、まあそれはご愛嬌。

ベタなところと、斬新なところがほどよくミックスされていて、うん。おもしろい。

こういう話に出会ってしまうと、ついつい直高変換できないかな、と思ってしまうのですが・・・うーん、そのままは無理かな。主人公の性格が違うし、なにより主人公二人が同級生(笑)

ああ、でも超ベタベタですが、今さらながら直江が吸血鬼の話とか読みたいなーと思ってみたり。さらりと設定だけじゃなくて、がっつり内容量多いやつ。高耶さんに出会い、親しくなってはいけないとわかりつつ・・・みたいな。うわ。超ベタ。

しかし、ベタはベタになるだけの理由があるのですよね。
前、テレビのバラエティーでベタな展開だけでつくる恋愛ドラマっていう企画をやっていて、できたそれを観て普通にマジ泣きしそうになりましたし。

ベタ≒王道、だと思うのですが、やっぱり王道がっちり書ける人はすごいと思います。さらに王道なのに、オリジナリティあれば最強。

しかし、最近オリジナリティ満載なのに、どういう力技が働いているのか超王道にまとめるとある作家さん(プロの方)がいらして、大注目中。

うーん。
あのまとめ技はうまく説明できないよ。
なんでまとめられているの、それで。でも、おもしろいんだよ、本当に。みたいな。


5、6時間以上ぶっつづけで本読むとかここしばらくないです。
学生の頃はよくやった。趣味でも大学の勉強でも(←文学部)
ここ最近は、せいぜい1、2時間。合間合間の細切れの時間だけですな。うう。どっぷり本につかって、漬かりすぎて「あれ、なんとなく頭痛いな」と思ったら息してなくて、酸欠になってたとか。そのくらい集中して浸る時間ほしい。

ああ、でもしかし、もうそんな体力ないとか?
うーん。最近本当にやってないからわからない。

ってか原稿やんなきゃですよ。若干逃避してるかも。

話がとっちらかってますな。
読みずらい日記に・・・。すみませぬ。
posted by アヤ at 00:00| おすすめ情報

2009年07月22日

同人活動おすすめ情報3「紙の調達・後編」

同人活動におすすめの情報その3「紙」編。
蛇足的後編です。

(1)〜(3)まで紹介したところで、あとは補足。


(4)シモジマで買う

「シモジマ」というのは、東京、大阪、名古屋にある商店営業に必要な梱包資材や店舗用品などを売っているところです。文房具、飲食物なども売っています。

凝った紙はあまりないのですが、コピー用紙やインクジェット用の紙などが売られています。カラーのコピー用紙などは結構何色もそろっています。
プリントには不向きかもしれませんが、包装紙がいろいろ置いてあるので、遊び紙などの装飾につかえると思います。

商売用なので、もちろん大ロットに対応していますが、小売も普通にしているので、商売関係者じゃない普通のお客さんもたくさんいます。

また、紙とは関係ないのですが包装資材などが売られているところなので、通販やイベントなどでつかう諸々のグッズがあって、見ているだけでわくわくします。パラダイスです。
ただ、卸問屋系の店と同じで、閉店時間が早かったり休日やっていなかったりするので、行く際には必ず店舗情報をお調べになることをおすすめします。

■シモジマ 
http://www.shimojima.co.jp/

※私が利用しているのは、浅草橋5号店です。
 営業時間が他の店舗より長めで、規模が大きいので。


(5)通販を利用する

今の時代、なんでもワンクリックでお買い物できるわけですが、紙もしかり。直接触って商品を確かめることはできませんが、どの紙を買うかわかっているのなら通販を利用するのもよいと思います。

通販なら出かけていく必要がないですし、何より紙って重いので。

とはいえ、私がいつも使っているところというのが特にないので、具体的な名前は1件だけ。たまにいろいろ探してみるのですが、よさそうな紙屋さんをまだ見つけきれてないのです。もしご存知の方がいらっしゃったら、是非教えてください。

■ぽちっとアスクル
http://askul.jp/

※主にオフィス用品を扱うアスクルの個人向けサイト。カラーのコピー用紙などがあります。1500円以上が送料無料。店舗用品や生活雑貨も一緒に購入できるので、何かのついでに利用するのもいいかもしれません。

あとはYahoo!とか楽天とか。
・・・当たり前すぎてすみません。


まだ、他にも情報として知っているのはあるのですが、自分で試したことがないので割愛します。

こんな文章書いているとどれだけ本作ってる人なんだって話ですが、嘘です。全然書いてません。っていうか書けてません。。
まあ、装丁とかいろいろ考えるのは楽しいですし。それが醍醐味のひとつであったりするわけで・・・

はは。

To Be Continued.(←本当に?)
posted by アヤ at 00:00| おすすめ情報

2009年07月21日

同人活動おすすめ情報3「紙の調達・前編」

書いている本人が一番忘れていた、同人活動おすすめ情報シリーズ(つってもまだ全然やれてない)その3「紙の調達」編です。

この手の話は知っている人にとっては、ものすごく当たり前なんだけど、知らない人はまったく知らない。私も同人はじめたての頃は全然わかりませんでした。知っている人に聞くのが一番よい方法だと思うのですが、そもそも知ってる人を知るにはどうすれば、という話ですよね。

私もまだまだ知らない方法があると思いますが、ひとまず今私が把握しているものを書いていきます。
ご参考になれば。
ちなみに活動範囲が都内なので、ほぼ都内の情報だけです。すみません。


(1)イベントで買う

コミックマーケットやCOMIC CITYなどの大きめのオールジャンル即売会などでは、紙屋さんが出店しています。値段はそのときどきによりますが、だいたい4〜5袋で1,000円みたいな感じで売られています。値段が一定なので、その代わり1袋の中に入っている紙の枚数はばらばらで、色上質みたいに安い紙だと一袋50枚とか入っていますが、高い紙になると10枚くらいしか入っていないこともあります。といっても、1枚あたり20円程度なので、普通に文具店で買うより全然安いです。

同人に適したサイズや量、種類を一番安く調達できるのはここだと思います。A4サイズの紙はどこでもありますが、B4となると他ではあまり多くの種類が売られていないので。


(2)文房具屋で買う

とてもスタンダードな方法ですが・・・。文具店によっては取り扱いはありませんが、紙の扱いが多少充実しているところであれば一枚単位で売られています。

大きな文具店になれば紙の種類が非常に豊富になるので、こだわりを持って作りたい方にはよいと思います。ただ、安めでも1枚で30〜40円くらいするので、材料費はそこそこかかります。また、一番種類が多いのはハガキサイズとA4版なので、B4はどこでも種類が少なめです。

以下、紙の扱いが多い代表的な文具店です。

■伊東屋 ※銀座にある本店が一番揃います
http://www.ito-ya.co.jp/

■世界堂
http://www.sekaido.co.jp/


(3)家電量販店で買う

上の二つの方法のネックは、たまにインクジェットやコピーに向かない紙が入っていること、です。遊び紙にしたり装飾用にしたりなど紙にプリントしない場合には、なんでもいいわけですが、種類によってはコピーのトナーが定着しなかったり不向きなものもあります。

イベント売りの場合、紙の見本にインクジェットやコピー機での印刷に向いているかどうかが書かれている場合もありますし、売っている方に「これ、プリントしても大丈夫ですか?」って聞けばいいと思います。

紙の種類はそんなになくていい、紙のサイズはA4でOKという人には、家電量販店で買うのもひとつの手です。
普通紙、色上質は500枚で売ってあるので、本文用紙などで大量に必要な場合によいですし、そもそも家電量販店に置いてある紙は、家庭用プリンターやコピー機のためのものですので、印刷に不向きなものがほとんどありません。

最近は、いろいろなメーカーがプリンター用の紙でも、いろいろなテイストのものを発売しているので、何気に種類もそれなりに選べたりします。

ただし、家電量販店は地域のニーズをとてもよく反映しているので、大型店だから紙の取り扱いがたくさんある、という保障がありません。「こんだけでかいのに、なぜ普通のコピー用紙と写真用の紙しか置いてないんだ」ということもままあるので、当てにしすぎることなく、何かの用事で行ったときに「紙あるかな」とチェックしておくとよいと思います。

■ヨドバシ 秋葉原店(←紙が充実しているのは聖地だから?)
http://www.yodobashi.com/


というところで、ちょっと長くなったのでいったん切ります。
補足というか蛇足的後編はまた後日。
posted by アヤ at 00:00| おすすめ情報

2009年03月20日

マスク談義・補足

昨日、マスクの話を書いていたら
「マスクにアロマテラピーのときのユーカリかミントのオイルをつけるといいですよ」というアドバイスをいただきました。

Tさま、ありがとうございます!

そうだ。
どうせつけるなら、そして、特にこだわりがないなら、花粉症に効果あるものの方がいいですよね。
そうだそうだ。

花粉症に効果があるのは、ユーカリ、ミント、あとはカモミール、というのが一般的のようです。鼻がぐすぐすするときに、カップに入れたお湯の中に、オイルを数滴たらして、その湯気(スチーム)を吸い込むとよいらしいです。

私はこれは試したことがないですが、これでだいぶ楽になる、という話は実際に何度か聞いたことがあります。
なので、マスクの外にアロマオイル、というのは良さそう!


私は、カモミールティ―とかを飲んだりします。
花粉症でむずむずする喉が、すーっと楽になります。

私は花粉症以外にもアレルギーを諸々持っているのですが、あ、今日なんか体がもぞもぞむずむずしている、ってときに手っ取り早く飲むのが、コカコーラの「からだ巡茶」です。水とか緑茶などでは落ち着かない、体のざわざわした感じがちょっと落ち着いてくれます。


もちろん、完全に発症してしまったときは、お茶なんかじゃ抑えきれませんけども、症状がそこそこのときに、早めにこういうもので対処できると、きっとひどくなりづらいのではないかと思っています。


花粉症やアレルギーを100%薬で押さえ込もうとすると、体にとても大きな負担がかかるので、薬に頼り切るのではなくて、普段の食事とかでとれたり、生活に何かプラスして症状軽くできるのが理想かな、と思います。

まあ、面倒っちゃ面倒ですけどね(笑
お金もかかるし。

花粉症になりたくてなっているわけじゃないし、なっちゃったらもうしょうがない。
とにかく酷くしないこと。これが一番大事なのかもしれません。

posted by アヤ at 00:00| おすすめ情報
検索ボックス
 
カテゴリ
過去ログ
Powered by さくらのブログ